2013年12月27日金曜日

ゲームをレベルアップさせる新しいツール LiquidFun



モバイルの世界では、もはやゲームは熱心な MMO ゲーム ファンだけのものではなく、誰もが楽しむものになっています。事実、Android スマートフォンやタブレット ユーザーの 4 人に 3 人がゲームをプレイしているというデータがあります。Google ではゲーム開発者向けに数多くのツールを提供し、ゲームのレベルアップを支援してきました。その中の 1 つである Google Play ゲーム サービスでは、モバイル サービスやクラウド サービスにおける Google の強みを活用していただくことで、開発者のみなさんが、ユーザーを引きつけるゲーム体験の創造に集中できるよう支援しています。この度、皆さんのゲーム開発用ツールボックスに、オープンソースの 2D 物理ライブラリという新たなツールが加わると同時に、Unity 用プラグインという Google Play ゲーム サービスの新機能が追加されます。

LiquidFun : 流体シミュレーションが可能な剛体物理ライブラリ

まず、オープンソースの LiquidFun のリリースを発表いたします。これは、ゲームにリアルな物理現象を簡単に加えることができる、新しい C++ 2D 物理ライブラリです。

Box2D をベースにした LiquidFun では、粒子ベースの流体シミュレーションが可能です。ゲーム開発者は新しいゲーム メカニクスにこれを用いることで、ゲーム プレイにリアルな物理表現を盛り込むことができます。デザイナーは、このライブラリを使用すればインタラクティブな美しい流体を表現することができます。

LiquidFun ライブラリは C++ で書かれているため、C++ コンパイラを持つプラットフォームであれば利用することができます。Google では、このライブラリ活用を支援するため、LiquidFun ライブラリ構築メソッド、アプリケーションのサンプル、ユニット テストを Android、Linux、OSX、Windows それぞれについて用意しました。

Google では、LiquidFun がどのように活用されるのかを楽しみにしていると同時に、これをさらに良いものにするために皆さんからのご意見やご感想をお待ちしています。最新版は、GitHub のLiquidFun プロジェクト ページからダウンロードできます。また、ディスカッション リストへのご参加もお待ちしています。



Google Play ゲーム Unity 用プラグイン
Unity Technologies が開発した複数プラットフォーム対応のゲーム エンジンである Unity を使っているゲーム開発者向けに、Google Play ゲームの Unity 用プラグインを新たに提供いたします。これを使うことで、ゲーム サービスをもっと簡単に統合できるようになります。このプラグインの初期バージョンでは、sign-in(サインイン)、achievements(ゲーム実績)、leaderboards(ランキング)、cloud save(クラウド保存)を Android と iOS の両方でサポートしています。プラグインとドキュメント、サンプル コードは、GitHub のPlay Games プロジェクト ページでダウンロードできます。

Google Play に新しいゲーム カテゴリを追加

2014 年 2 月、Play Store に「シミュレーション」「ロールプレイング」「教育」などの新しいゲーム カテゴリが追加されます。アプリケーション タイプが「ゲーム」であれば、現在、Google Play デベロッパー コンソールから、アプリの新しいカテゴリを選択できるようになっています。[ストアの掲載情報] の [新カテゴリ] フィールドにて、ゲームのカテゴリを予約設定します。Google Play でゲームのカテゴリが実際に変更されるのは、2014 年 2 月の新カテゴリの公開時となります。

reference source